木彫「 恵比寿 」 置物 1

まず中心線を書いてから図を写します(←)

 

 

はじめに図の輪郭に合わせて鋸で挽いて、上から見て真っすぐ鑿で落としていきます。

(←)横から見た図も描いておき、それに合わせて横からも同じように落とします。

 

万力で作業しやすいようにある程度、平面を残しながらやって
いきます。


右手に持たせる竿は別に彫ります。