木彫「 大黒天 」 置物 1

これは大黒天で、恵比寿と同じように彫っていきます。


底が基準となるのでしっかり平面を出し、そこから垂線を立てて一周まわします。

図を写してから鋸で挽いて輪郭で落とします。末広がりになっても良くないし、食い込んでも良くありません。

製材のときに少なくとも底面と側面の二面が直角の関係になっていないとむずかしいです。

両手が前に出ているので高いところを残して荒く落としていきます。

工房には滅多に入って来ませんが横にいたので。ネコも何か考えてるんだろうなァ。