木彫「 大黒天 」 置物 2

目安を残しながら少しずつ彫っていきます。

底で基準が出ているので、わりと下の方から決めていく感じでやっています。

横からも同じに、荒く落としていきます。