木彫「 大黒天 」 置物 3

横からの位置が決まったら、正面からまただんだんと彫り進めます。

 

とにかくそれぞれの先の位置をつけて、あとは余分を落としていく感じです。

全て正面を向いているわけではなく、小槌も袋の口でも斜めを向いているので、上から後ろからそれぞれ角度を変えて見ながら、先の目安をつけます。