木彫「 鷹 」 置物 2

輪郭で落としたら、くちばしと足の位置を決めて下げていきます(←)

 

右に頭をやってとまっている様子を彫ろうと思うので、正面を向いているものよりは難しくなります。