木彫「 鷹 」 置物 3


羽は盛り上がっていて一番張ったところになるので、そこをから角を落として丸みを出していきます。

 

脚は最後に(←)

裏からも落として彫っていきます。