木彫「 鷹 」 置物 5

次に脚を出していきます。

 

しっかりと物を掴むことのできるような感じです。

同時に岩を彫っていく(←)

これは岩の先にとまっているイメージで考えています。