神徒壇彫刻 6

雲を彫ったら、家紋を残して右側へ

同じように対称に彫っていく(←)

 

紋の輪を傷つけないように周りの彫刻をしていきます。

 

かなり狭いところもあるので少しずつやる感じで気をつけながら。

紋は中を下げて、鑿が入らないので後は仕上げでやっていきます。