木彫 菅原道真 像 4

だんだん全体像が見えてきた感じです。横からも細かな部分を彫り出していきます。

もう少し小彫りをしてから、鑿を小道具に持ち替えて仕上げをしていきます。

結局、背中とつま先までの長さを短くしましたが、はじめに描いた図よりは少し長くなっています。

もし、思ったような材料が用意できなかったりした場合は、逆に少し短くして彫ったり臨機応変に対応します。