木彫 菅原道真 像 6

全体をだいたい仕上げたら、いよいよ顔を彫っていきます。

顔は特に目が行くところだと思うので大事なところです。

よく、彫った人の顔に似ると言いますが、顔のつくりを見たり参考にするのに、一番身近にあるのでそうなることもあるかと思います。

目の開け具合など、ちょっとしたことで印象は違ってきますし、本当にむずかしい部分ですね。