ウサギの仕上げ 木彫り 置物 2

彫りの方は終わったので、これから色を付けていきます(↓)

これは彫刻刀と小道具の刃(←)


乾かす時間が空くのと、一段落したので、注文しておいた道具を仕込みます。そして様子を見ながら彩色です。


ヒノキとタブノキ。ほとんど彫刻刀なので、割り柄と言って角棒を半分に割って仕込む方法です。