木彫 「 稲荷 狐像 」 置物 3

最後まで巻物のあたりは残しておいて調整します(←)
あとは仕上げで細かいところを彫り込みます。

次に台を彫ります、装飾的なものではなくシンプルな台に布が掛かっている様子のものです。

 

一段下げて台を出す(←)

 

彫り出しなので、出来るだけ矩を出すようにします。

正面は宝珠です。一対彫ったら、道具を小道具に変えて仕上げをしていきます。