木彫り 「 稲荷 狐像 」 置物 2

これは宝玉をくわえた「阿形」の方、やはり顔の角度が大事です。

平面がなかったり、いろいろな角度から彫り進める場合には万力はつかづらく、その上小さいと彫りにくいものです。

 


荒彫りの段階では特にそうですね。