木彫 「 平 清盛 像 」 置物 8

頭部の木取りです、小さくて危ないのでここからさらに手で挽いていきます。

(←)線に合わせて正面、側面から落とす部分を挽いていきます。

(←)これでおおまかな形が出ました。挿し込む首の部分もこの時に丸めておきます。胴体の襟部分との兼ね合いでしっかりと収まるようにしなければなりません。