木彫 壁掛け カエル

壁掛け カエル木彫

今回の壁掛けのやり方は一枚の板に図を写して、その図以外は下げて地を作り、一段上がった図部分を半立体として彫っていくものです。

これは部分によっては立体で丸々と彫り出せるので奥行きが出せますが、同時に面が増え、地板を残したやり方をする場合は作業が難しくなります。


木には目があるため出来るだけ順目の方向に削らなくてはなりませんし、細かな場所も高さに揃えるようにします。地味な作業ですがなかなか根気のいるところ。

葉やカエルの絵を取り除けばフラットな板となるように綺麗に地を鋤くことを心掛けます。