不動明王 火焔光背

光背用の板に図を写し、透かす部分に穴を開けます。


そして糸鋸を使い図に合わせて抜いて行きます。

糸鋸を使う時には扇風機を使用して、出て来る木の粉を飛ばしながら作業します。

少し肌寒いですが線が見えなくなるので仕方ありません。地味な作業ですが大事なところです。