不動明王光背の仕上げ

火焔光背

これが一通り手を入れたところ。


少し時間が経っていたので一削りすると色が明るくなります。

木目によってもユラユラと燃えるような感じに見えれば良いですが、、、


あとは台座に挿し込む為のホゾをしっかりと作ります。

火焔光背 不動明王

あらためて裏からも面を取り、見た目にも軽く。


横から見ると良くわかりますが全体時に前に向かって包み込むように曲面にしてあります。

 


段取りとしてはとりあえず区切り、このあと本体に掛かって行きます。