宮本彫刻は木彫の受注制作を行っております。

詳しくはまず作品例をご覧ください (↓)

・「伝統を守りつつ新たな価値を」

「欄間、壁掛け、置物、動物彫刻、社寺彫刻、祭礼用彫刻」 など

ひとつひとつお客様の注文に応じて立体や平面、レリーフ、様々なものを制作いたします。

不動明王

>欄間のデザインに決まりはありません。もちろん縁起物などの伝統的なものもありますが、自由な発想で家の空間づくりのお手伝いをいたします。

欄間作例

「 葡萄に栗鼠 」の意匠は 多幸、子孫繁栄を象徴する吉祥図。あるいは「 武道、律す(立す) 」に通じるとされています。現代でも葡萄の意匠は人気があり、様々なものに使われています。

葡萄にリスの作例

<彫刻師ブログ>更新中

2016年

6月

22日

不動明王のお守り

お不動さんをお守りとして普段から持っていられるようにとのご注文で制作しました。

 

お不動さんの意味は様々あると思いますが、以前聞いた話では燃え盛る火炎の力で悪い心を燃やし尽くし、炎の勢いは自分の想い、やりたいこと、目指すこと、それをしっかりと成し遂げることが出来る。そういった力が有る。ということを聞きました。

 

どんなことがらであっても何かに対して意識を持つと、気持ちのよりどころ、願掛けとして気持ちの持ちようも違ってくるのかもしれません。

続きを読む

スライドショウ


< 宮本彫刻への質問、メールはこちら >

miyamoto@mokucho.jp