宮本彫刻は木彫の受注制作を行っております。

詳しくは作品例をご覧ください (↓)

・「伝統を守りつつ新たな価値を」

「欄間、壁掛け、立体、動物彫刻、社寺彫刻、祭礼用彫刻」 など

ひとつひとつお客様の注文に応じて立体や平面、レリーフ、様々なものを制作いたします。

不動明王


>欄間のデザインに決まりはありません。もちろん縁起物などの伝統的なものもありますが、自由な発想で家の空間づくりのお手伝いをいたします。

欄間作例

「 葡萄に栗鼠 」の意匠は 多幸、子孫繁栄を象徴する吉祥図。あるいは「 武道、律す(立す) 」に通じるとされています。現代でも葡萄の意匠は人気があり、様々なものに使われています。

葡萄にリスの作例

<彫刻師ブログ>更新中

2018年

6月

23日

木彫 鬼制作

テーブル式にしてから体勢がだいぶ楽になりました。彫るものが大きくなるほど自分の方で位置を変えなければいけませんが、同じ作業でもちょっとした角度やリーチの差でだいぶ負荷が違うものです。

最後に目入れ。社寺彫刻の獅子や龍などの眼には、ガラスを嵌め込んだものや色を入れて白目を作っているものがありますが、今回は白目を入れない方がしっくりくるような気がしたので、素木に瞳を箔押で、瞳孔を墨で描きます。

続きを読む

スライドショウ


< 宮本彫刻への質問、メールはこちら >

miyamoto@mokucho.jp