宮本彫刻は木彫の受注制作を行っております。

詳しくはまず作品例をご覧ください (↓)

・「伝統を守りつつ新たな価値を」

「欄間、壁掛け、置物、動物彫刻、社寺彫刻、祭礼用彫刻」 など

ひとつひとつお客様の注文に応じて立体や平面、レリーフ、様々なものを制作いたします。

不動明王

>欄間のデザインに決まりはありません。もちろん縁起物などの伝統的なものもありますが、自由な発想で家の空間づくりのお手伝いをいたします。

欄間作例

「 葡萄に栗鼠 」の意匠は 多幸、子孫繁栄を象徴する吉祥図。あるいは「 武道、律す(立す) 」に通じるとされています。現代でも葡萄の意匠は人気があり、様々なものに使われています。

葡萄にリスの作例

<彫刻師ブログ>更新中

2017年

4月

20日

金沢美術倶楽部100周年 金美アートプロジェクト

もうすぐゴールデンウィークですが、自営で、しかもお店形式でなく仕事をしているとあまり気にならなくなってきます。

期間中の、なんとなく浮かれ気分で賑やかな雰囲気感も好きなのですが、せっかく自営なので出掛けるならばズラしたいところ。いずれにしても良いのか悪いのか仕事の具合でカレンダーは関係なく、融通を利かせることも出来ますがやる時にはやらねばなりません。

 

 

そしてこれはゴールデンウィーク期間中に行われる金沢美術倶楽部のイベント(若手作家の入札展示会)です。木工、金工、面、彫刻、陶芸、ガラス、絵画、漆芸、工芸、家具、釜師、竹工芸と様々な分野の30名の作家が参加されます。

 

仏師の山口幹也さんからお誘いいただきまして、私も参加させていただくこととなりました。新しく作ることが出来なかったため、手元にあった小品を何点か出品します。(フクロウ、ホオズキ、オクラ)

他に親交のある方では面打の新井達矢さんも出品されます。

 

平成29年4月29日(土)〜5月9日(火)10時〜17時(最終日12時まで)

会場 金沢美術倶楽部 一階(金沢市上近江町61番地) 入場無料

 各作家複数展示

(問い合わせ)金沢美術倶楽部 076-262-0391

会場と、ちょうどこの時期にある富山 城端のお祭りにも行きたかったのですが、今回行くことが出来ないので残念です。盛況に開催されることを願います。

続きを読む

スライドショウ


< 宮本彫刻への質問、メールはこちら >

miyamoto@mokucho.jp