2016年

1月

03日

明けましておめでとうございます

年末からずっと晴れの暖かい日がつづき、良いお正月を迎えることが出来ました。

今年一年 健康を大事に向上を目標に過ごして行きたいと思っております。

本年もよろしくお願いいたします。

 

2016年

2月

20日

檜の寄木造り

これから吉田松陰 像を彫って行きます。

 

材は木曽檜で、像の寸法が大きいため寄木造りとします。この木は六年ほど前に買っておいたもので、いよいよ使う時が来ました。

見当で計ってギリギリどうかというところでしたが、なるべく同じような肌合いと質の方が良いので一本で取れれば間違いはありません。

 

 

続きを読む

2016年

2月

22日

木彫り 吉田松陰像

膝足部分も寄せたところ。

もう少し違う合わせ方もありましたが、今回はこのやり方でやってみます。

 

後の工程で少し都合が良くなさそうですが、なんとかなるでしょう。

 

大きく鋸で落として行きます。

続きを読む

2016年

3月

09日

吉田松陰 像

ある程度のカタチが出たところで、仮留めしていた部分を離しました。

まずは割れ留め防止のための内刳り。

 

部材を離すことによってノミが入るようになるので細部を彫り込みながら進めます。

 

ここで一旦、松陰さんは時間が空きます。

 

続きを読む

2016年

3月

09日

木製冷蔵庫の装飾彫刻

鮨屋さんの木製冷蔵庫のための彫刻です。これはおそらく初めての試みでしょう。大将が発案されたそうです。

 

「壁掛けの額」式に板に彫刻し、冷蔵庫の上下の扉に嵌め込むもの。二台あり、それぞれ関連する図柄としてあります。

 

材は檜で今回分けていただいたものですが、地元秩父から出た実生のものだそうです。

木曽のものよりも若干赤味がある感じで目も細かく良い木です。驚きました。

続きを読む

2016年

3月

10日

冷蔵庫装飾 木彫刻

四谷「すし匠」の中澤圭二氏と西麻布「拓」の佐藤卓也氏がわざわざお越し下さいました。 近々お二人とも新天地のハワイへ行かれるそうです。

続きを読む

2016年

3月

18日

木製冷蔵庫 木彫刻

糸鋸を掛けた後、彫りに入って行きます。

こういったものはその板の厚みの中で立体感を出すため、一削りで大きく印象が変わって良くなることもあれば、その逆もあります。慎重に進めなければなりません。

一番高いところと低いところの差、または図の遠近法により感じを出します。

続きを読む

2016年

3月

30日

木製冷蔵庫 彫刻

下削り、刻み、仕上げと段階に分けて地道に進めるよりありません。

どのくらい離れた位置から見られるのかということを考えますが、近づいた時にいわゆる削り残し、取り残しがあるのはスッキリしません。

「意図的に残している」「勢いがある」というのではない時、根底は丁寧な仕事をしたいと常に考えています。

続きを読む

2016年

4月

13日

木彫 木製冷蔵庫

今回全て海に関係する図柄で、二組それぞれ水の表現を考える必要がありました。

「水面」、「海中」、「海中」と組になる「波」と幾つかあります。ああそうなの?と言われるかもしれませんが、自分なりに気にしたところです。

続きを読む

2016年

4月

18日

木彫 木製冷蔵庫 特注

最終的にピシッと枠の線を出すために傷つけないよう気にしながら進めます。

混んだ図のところ、波を彫っている時ここに枠が無ければ、、、などと何度か思いましたがそうもいきませんね。

続きを読む

2016年

4月

26日

木製冷蔵庫 彫刻

やっと二組の彫刻が出来ました。これを冷蔵庫と合わせて完成します。

 

「波頭」

続きを読む

2016年

5月

03日

吉田松陰 木彫像制作

一旦離した部材を接着したところです。内刳りはしてありますが、かなり厚めに残してあります。

 

今はダボを打つために目見当で穴を開けているので微妙な誤差が出てしまいます。修正を必要としない様に、狭いところの平面でも支持が出来て垂直に穴が開けられるものがあると便利なのですが、知らないだけでそういった工具があるのでしょうか。治具を作るか。手順など工夫するかですね。

続きを読む

2016年

6月

10日

木彫り 吉田松陰 像

一通り仕上げた後細部の微調整

普通、羽織はもっと広がってありますが、強度の面を考慮して折り返してあります。

続きを読む

2016年

6月

22日

不動明王のお守り

お不動さんをお守りとして普段から持っていられるようにとのご注文で制作しました。

 

お不動さんの意味は様々あると思いますが、以前聞いた話では燃え盛る火炎の力で悪い心を燃やし尽くし、炎の勢いは自分の想い、やりたいこと、目指すこと、それをしっかりと成し遂げることが出来る。そういった力が有る。ということを聞きました。

 

どんなことがらであっても何かに対して意識を持つと、気持ちのよりどころ、願掛けとして気持ちの持ちようも違ってくるのかもしれません。

続きを読む

2016年

7月

02日

海老虹梁 制作 ヒノキ材

向拝と拝殿を結ぶ「海老虹梁」と言われる梁。長さ六尺、一番背の高いところで一尺七寸、ヒノキ材です。

続きを読む

2016年

7月

09日

海老虹梁 彫刻 制作

続きを読む

2016年

7月

12日

虹梁彫刻 制作

同様に図を写してから、まず袖切りを仕上げて彫り始める。

(袖切りとは両側端の一段下がった部分のこと)

 

それぞれの神社やお寺により、袖切りの先と柱に接する部分で、先端を大きく落としてあるところもあれば、ほとんど先端の面を取っていないところもあります。これは建てた大工さんの加減によるもので、最後に調整する部分であるようです。

 

続きを読む

2016年

7月

14日

神社虹梁 彫刻

図柄を彫り込んで自分の仕事はここまで。これか大工さんの元へと戻り、仕上げの鉋掛けがされます。

そして一旦組んで確認し、もう一度ばらして現場へと運ばれます。

 

ちなみにこの部材は入り口の虹梁と向拝の虹梁となります。

続きを読む

2016年

7月

28日

員弁町 捻り橋

先日、三重県いなべ市へ行って来ました。「員弁」という字を書きます。合併でいなべ市となったそうですが看板などにはまだ漢字が残っています。ローマ字がなければ読めませんでした。

 

名古屋からも近い静かな山間で、高速から降りて目の前に現れる山の裾には太平洋セメント。石灰を採っているのでしょうか、他にも工場があり、秩父とよく似た風景に感じました。

 

写真はいなべの阿下喜から西桑名まで十三駅を走る北勢線の車両、幅が狭く両側に人が座ると真ん中を一人が通れるくらいだそうです。

鉄ちゃんではないんですが今度は是非乗ってみたい。写真もつい撮りたくなるような路線、風景でした。

続きを読む

2016年

7月

29日

梅雨明けが発表され、計ったようにミンミンゼミが鳴き始めました。やはり夏の盛りにはやかましいくらいのミンミンゼミが合っています。

やかましいといえばクマゼミで、あれは本当にうるさい笑。このあたりにはクマゼミはいませんが、大きく無骨で黒々としたフォルムは存在感があります。子供の頃、伊豆で初めて捕まえた時に、車の中で離してしまって倍うるさかったのが印象に残っています。

 

また夏の終わりに鳴き始めるヒグラシの声が好きで、夕方涼しくなって鳴き出すあのカナカナという声を聞くと物悲しいような、夏が終わるなぁという情緒がありました。

ここ何年かはその周期が崩れ、夏のはじめからヒグラシが鳴き出して、なんだかおかしい。自分の親の世代の何十年も前と比べるとということでなく、子供の頃の二十年前と比べても変わっている。百年単位、もっとそれ以上で見るともともとそうだったんでしょうか。

先日行った員弁でも一日中ヒグラシが鳴いているようで、参ったのは朝方四時くらいから鳴き出して、お互いに触発されるのか一斉に声を揃えて大合唱。泊まったところの目の前が林だったので特等席です。ここまで来ると耳障りになってしまい情緒どころではありません。

実際どういう原因かわかりませんが、こんな事からも自然界がどうなっていくのか心配です。せめて省エネを心がけたり、ゴミを減らすために気を遣うべきで日本の過剰包装はいつも気になります。

小さな事であっても心掛けが大事で、大きな目で思いやりを持っていかなければいけませんね。

続きを読む

2016年

9月

01日

木彫看板 制作

地元の方からいただいた看板制作の仕事です。

 

喜寿の節目のために自ら斜面を切り拓いて、整地、石積み、整備して造られたという場所の入り口に掛けるためのものです。

実際に見てみましたが結構な範囲、仕事量です。飾り石一つ見てもかなりの重量で、途中まで軽トラで運べても積み下ろしだけでも大変な事。しかもそれを七十を過ぎて、三年間で完成させてしまったというから驚きです。

現在八十過ぎで足取りは軽快。そのエネルギー、体力はどういうことなんでしょうか、、、基礎体力が違います。

続きを読む

2016年

9月

04日

能装束と能面

九月三日 横浜の久良岐能舞台(くらきのうぶたい)で行われた能装束と能面の展示、講演に行ってまいりました。

 

能楽堂所蔵の装束の虫干しを兼ねた展示と、日本刺繍、染色文化財修復がご専門の大学教授 岡田宣世先生、面打の新井達矢さんの講演です。

 

今回私は急遽 新井さんのお手伝いでの参加。普段能舞台を間近で見る機会はないので興味津々です。

 

まず朝五時前に家を出発、途中新井さん宅に寄り、横浜へ。途中渋滞もありましたが、ちょうど予定の時間に能舞台へ到着、そしてすぐさま展示準備です。

面打の岩崎久人先生も手伝ってくださり一時間ほどで飾り終えました。

 

和室二間に十五面、周り中囲まれると壮観です。

 

 

 

続きを読む

2016年

9月

06日

彫刻の段取り 富山県井波へ

先の仕事の段取りのため富山県井波へ行って来ました。今年の五月以来の約三ヶ月ぶりです。

以前に日帰りをしたこともありましたが、かなりつらく危険なので一泊二日で今回は高岡に宿泊しました。

 

 

初日、朝自宅を出発してお昼ごろ富山県へ。

 

 

まず材木屋さんへ寄って木を吟味。良い材は当然値が張りますので気楽には買えませんが先の為と思い切って購入。完全に予定外の予算オーバーでしたが、急に仕事が来た時に探すとなるとまた大変なのです。いつか良い機会に恵まれるよう努力することですね。

 

 

次に前から伺いたかった木工家さんの工房へ伺いました。メールでやり取りをしても やはり実際に会ってみないとわかりません。見た目にも想像とは違う印象で、お話を伺ってもとても良心的でバイタリティのある方でした。

仕事の手を止めさせてしまって申し訳なかったのですが、また今後お世話になるであろう いろいろな情報をお聞きして、あっという間の二時間。有意義な時間でした。

 

 

 

続きを読む

2016年

9月

07日

明治工芸

打ち合わせで都内まで行ったので、帰りに前から目をつけていた展示を見て来ました。

東京芸大美術館で開催中の「驚きの明治工芸」というものです。たまたま初日でした。

 

実際に見てみるとパンフレットで想像していたものよりずっと内容が濃く、充実していて好みのものばかり。情報量が多すぎて頭が一杯。

そして、なんと今回は企画展なのに写真撮影自由(一部撮影禁止あり)。お客さんの数もちょうど良く見て回れるほどでしたので、誰もいないところを見計らって行ったり来たりで迷惑気味に撮影して回りました、、、

 

とにかく実際に見て欲しいものばかり。存在感や大きさは図録からは伝わりません。

この後、巡回で京都と なぜかまた関東に戻り川越で展示されるようです。ご興味のある方は是非。

 

 

続きを読む

2016年

9月

16日

長谷川穂積

ボクシングに詳しいわけではなく、テレビで放映している有名な選手しか知らないけれども、ボクシングの試合がテレビであると知ればまず見るくらいの薄っぺらいボクシングファンではあります。

今日の山中慎介選手、長谷川穂積選手の試合も逐次チェックしていたわけではなく、一昨日たまたま知ったようなものですが、次やるときは自然と情報が入ってくると思っていました。

 

長谷川穂積選手のファンで、紙一重の世界で勝ち続けている凄さはもちろん、ここぞというときの見せ場、怒涛のラッシュに魅せられて、興奮して試合を見させてもらっていましたしずっと応援していました。

 

この世界戦が二年五ヶ月ぶりということで、そんなに経つのかという印象。本人、関係者にとってどれだけの長さだったのでしょうか。

 

テレビ放映では、かなり編集されていて短時間であったのがとても残念ですが、今後のことはどうあれ とにかく素晴らしい試合、興奮する試合を見させてもらったこと、そして勝ってくれたことが素直に嬉しい。

 

 

 

続きを読む

2016年

9月

28日

山車彫刻の段取り 制作

先日富山で絵付けをして糸鋸に出していた板が届きました。後から買った角材も一緒です。

ちょうど不在だったので立ち会えなかったのですが、パレットも置いていってくれたという。不要なものだったのかどうなのか、今後使えそうなので良いですが結構かさばるものです。

続きを読む

2016年

10月

19日

第九回「 工燈 」合同展のお知らせ

なんとなくお盆過ぎから九月、今に掛けて時化た天気が続き、気持ちが晴れない日ばかりでしたが、そんなことは関係なしに時間は過ぎて行くのでとにかくやることをやるだけです。もうコタツを出す季節となってしまいました。

 

 

さて今年で第九回目の合同展のご案内です。私は平成24年からの参加なので五回目ですね。

やっと展示会名が落ち着き「工燈」となりました。DMも新しいレイアウトです。もう目が慣れてしまいましたが第一印象はどのような感じだったでしょうか。

 

会期は

平成28年11月10日(木)〜11月14日(月)11時〜18時まで

会場 高岩寺会館(とげぬき地蔵尊高岩寺)170-0002 豊島区巣鴨 3ー36ー1

 

 

私の在廊日は10、12、14日を予定しております。

よろしくお願いいたします。

 

続きを読む

2016年

11月

25日

初雪

11月に関東での積雪は何十年ぶり。場所により初観測となったという11月24日。

 

物好きなので雪の降るなか写真を撮っておきました。

 

 

午後に東京へ用事があり、雪が降るのを電車の中から見ていると年明け2月くらいの感覚に。

山間部を抜ける頃には雪はやみ、都心に近づくにつれ家々の屋根の雪も少なくなり、夕方新宿へ着いた時には地面に雪はありませんでした。

せっかくの機会。翌日、雪に日が当たったところが見られればと思っていましたが、秩父でも葉の上に雪は無く一時の出来事でした。

 

続きを読む

2016年

11月

28日

神猿 木彫り

もう完成していますが、猿像の制作過程を載せます。

 

材はヒノキの代用品として社寺建築で多用されているベイヒバを使います。社寺建築には膨大な量の、しかも大きな材が必要で国の事業でもなければ資源と金銭的な問題でそれだけのヒノキを集めることは困難です。そこで代わりに使われるようになったのが台湾ヒノキ、その次にベイヒバです。試験でも強度が確認されているそうで水に強い性質を持っています。

今回ベイヒバを選んだ理由も、完成した像が半屋外というか、雨がかかる可能性のある場所に置かれるため水に強い方が良いということ、そして色味がありました。

 

ベイヒバと言っても日本のヒバに似ていることから日本でそう呼ばれているだけで、実はヒノキの兄弟らしいのですが、匂いは日本のヒノキとは全然違います。

 

産地はアメリカ、カナダ。寒いところにあるため樹齢千年以上という途方もないものです。年輪が0.5㎜のしかないところもあり、均一で若干脂気のある感じがします。

続きを読む

2016年

11月

30日

プルメリア 彫刻 壁掛け

南国の花、プルメリアの壁掛け額を彫って行きます。

糸鋸で抜いてから二ヶ月弱置いたので、だいぶ水分も抜けて来たでしょう。

続きを読む

2016年

12月

02日

夕方に見た面白い雲

 

 

気づいてからカメラを持ってくる間に みるみると薄くなり、消えて行きました。

どういうときに出るものなのか、名前はあるのでしょうか。

続きを読む

2016年

12月

20日

プルメリア 壁掛け彫刻 制作

まずは荒落し。下げるところは下げて行きます。

続きを読む

2016年

12月

21日

プルメリア 壁掛け彫刻

プルメリアの花は、半球状にまとまって咲いているので中心を高くして丸みを見せるようにしますが、葉自体は中心に向かって下がっているので逆のことをします。

続きを読む

2016年

12月

28日

プルメリア彫刻 壁掛け制作

小彫りをして全体的に形が出て来たら、次に見込みを取って行きます。

 

続きを読む

2016年

12月

30日

プルメリア壁掛け彫刻 制作

プルメリアの荒彫りが終わったところです。

このまま仕上げて額に入る形なので、全体像がわかると思います。

この「プルメリア」ともう一枚の「モンステラにパイナップル」で組になります。

続きを読む