木彫り「 柿 」 置物(3)

枝や葉は離れていかないようにお互いにもたせる。

この柿はなんと言うのだろう、わりと早くなっていて、「わせたろう」 と言っていましたが早生の何かで、ほかの 「、、、、」 太郎をそう呼んでいるのかもしれません。