夜祭大祭  秩父夜祭

毎年十二月の二日、三日に秩父夜祭が行われています。二日は宵宮、三日が大祭です。

秩父夜祭には二台の笠鉾と四台の屋台があって三日の朝、各町内を出発し秩父神社に宮参りに向かいます。

そして宮参りが済むと境内を出て巡行し舞や屋台芝居が行われます。その後再び秩父神社へ集合し午後七時に神幸行列が秩父神社を御旅所に向かって出発し、その後を順に六台の笠鉾と屋台が巡行します。

 

秩父神社へだんだん集合していく(←)

 

 

御旅所のすぐ前にある急な団子坂を曳き上げるところは本当に迫力があります。

六台それぞれ秩父屋台囃子を演奏するために人が乗っていて外からは見えないようになっています。
(←)上町屋台

最後の屋台が御旅所に到着後、十時を過ぎて神事が厳かに行われ、そして日付がかわった頃、今度は先に

六台の笠鉾と屋台がそれぞれの町内に帰って行き、その後を神幸行列が続きます。だんだん遠ざかっていく太鼓の音が三時を過ぎても聞こえていました。