欄間 左の裏 (2)

裏は縁と接しているところが多いので傷つけないように気をつけて仕上げていきます。

一番初めに突きノミで仕上げた縁の平面が基準になるので、これ以上は下げたくないところです。

こちらも徐々に。表の割った松葉の先端に合わせて通していきます。

(←)このような感じになります。