柄の仕込み 1

ノミを仕込む

 

はじめはこの刃の状態でこれに柄をすげ、研ぎを入れて使えるようにします。

当然この道具を作る職人さんがいるわけで、店で買ったり直接鍛冶屋さんに注文することもあります。

彫刻をする上で刃物がなければどうにもならず、とても大事なものです。

それぞれの形や作り、ヤスリ目などを見ても感じるものがあります。

柄に使う材料に決まりはありませんが統一している人もいれば、仕上げに漆を塗る人など様々で、私は主にイチイ、タブノキ、ヒノキを使います。