柄の仕込み 3  木彫、彫刻道具

次に、柄の先に穴を開けて打ち込んでいきます。

 

無理にやれば木が割れてしまうので、一本一本の小道具の首の形に合わせて、一番太いところで収まるようにします。

柄の延長に刃が来るように真っすぐにしないといけませんが、若干、刃裏を内に傾けた方が自分としては使いやすい感じがします。