木彫「 葡萄にリス 」 壁掛け 8


仕上げの段階、縁から削って仕上げていきます。

裏丸を通してから平刀で平面を出していく作業。この額は小さく、削る面積も少ないですが、枠の線で綺麗に仕上がるので、ちょっとした達成感があり、木口は別としてわりと好きな作業です。

欄間をやる時は、突きノミの柄の頭を肩で押すようにやって、力を使うし、むずかしいんですが、面白いところです。