木彫 兎 置物 3

全体のバランスを見ながら進め、絞っていきます。

後ろから見てもだいぶスマートになりました。

そしていよいよ耳を出していくために鋸で挽いて割ります。
耳の角度を決めるのはここになります。