木彫 不動明王 1

これから不動明王を彫るために、この榧(カヤ)を使います。

8 世紀後半(奈良時代)から10 世紀(平安時代)にかけての主要な一木造りの仏像は圧倒的にカヤが多かったようです。

 

1998年のMUSEUM No.555には、実物の部位から採取された試料の走査電子顕微鏡および光学顕微鏡観察に基づく木材樹種識別結果が報告されており、奈良の唐招提寺の如来立像、十一面観音立像、伝衆宝王菩薩立像、伝薬師如来立像等、大安寺の十一面観音立像、聖観音立像、伝馬頭観音立像、広目天立像等、神護寺の薬師如来立像、元興寺の薬師如来立像の17 体の全てがカヤ材だったそうです。

 

カヤという材は均質かつ緻密で甘いような香りと光沢があり、碁盤や将棋盤に賞用されています。

淡黄色で木目は目立たずも存在感がありとても美しいものです。これから徐々に彫り出していくわけですが、自分としても仕上がりが楽しみです。