鳥居新調 3

鳥居の柱の加工です。


角材だった柱の角を取り、八角、十六角と順に面を取って行きます。削っては墨打ちをして正確な面を出さなくてはいけません。

 

これは直径九寸で一割の先細りとなっています。


そして、最後に内丸鉋で丸く仕上げるのです。

 

柱の台石に組むためのホゾを作ります。