不動明王 木取り2

不動明王 カヤノキ

 本体と光背、台座に必要な材料を選び木取りをしました。

本体は輪郭に沿って帯鋸で落としておきます。


荒く挽かれた肌に日焼けと埃等でくすんだ角材の状態から、機械を掛けていくうちに、綺麗な黄色い木肌と甘いような芳香が立ち籠めます。