不動明王 火焔光背2

糸鋸で抜いた光背から彫り始めて行きます。

初めにしゃくるように大きく鑿で取り、細かく彫るのはそれから。

全体で内側に向かって湾曲している状態です。


玄翁で叩き彫りをするというより、鑿を使って彫り込んで行くという感じです。

火焔光背



彫れば線も消えるので、図を見て

徐々に書き入れながら進めます。


しっかり固定すればやり易いですが、かなり細い部分もあるのでそういうわけにも行きません。

欠けないように根気よくやって行きます。