不動明王制作 台座

台座に花菱の地紋を彫り込みます。狭い範囲のうえ小さいため彫りにくいですが彫り方は一緒です。

同じ文様の繰り返しなので順番に小刀を入れて行きます。

一番最後に花弁に刻みを入れ仕上げます。これを入れることによって締まった印象に。

少しのことですが大きな違いです。

これは一番下の段、地を下げて文様を浮かび上がらせます。