不動明王 台座

本体の足の裏にホゾを彫り込み、板を挿し込みます。そして同様に台座にも彫ったホゾと合わせて固定。これで動くことはありません。


なかなか見た目にはわかりませんが、こういった見えないところにもいろいろと細工が必要です。

ここで隙間が出来たり曲げてしまってもいけない、最後の仕上げとしてもう一息です。