<道具>

鑿(ノミ)、彫刻刀、小道具について

柄を仕込む

(←)七分 裏浅丸、一寸二分 中浅丸のノミと柄。荒彫りに使う道具です。

柄を仕込む

 (←)これは仕上げ彫りの時に使う彫刻刀と小道具。

 

 初めはこの状態であり、柄をすげ、研ぎを入れて使えるようにします。

お店で買うか、直接鍛冶屋さんに打ってもらいます。

彫刻をする上で刃物がなければどうにもならず、とても大事なものです。

柄に使う材料は統一している人もいれば、いくつもの種類を使う人、仕上げに漆を塗る人など様々で、その派の系統や主にどんな仕事をするかによっても変わってきます。

 

画像にあるのはイチイ、タブノキ、ヒノキ。自分の場合は、主にタブノキですが道具の大きさや用途に合わせてある程度変えています。

まずは柄となる材を適当な大きさに割っていきます。

彫刻刀の場合は、割り柄と言ってこの角棒をさらに半分に割って仕込む方法をします。

道具の種類、木の種類、色合いや杢など好みによって、それぞれの道具を充てます。

そしてその道具に見合った大きさまである程度の鉋掛け。

次に、小道具なら柄の先に穴を開けて打ち込む作業。

 

無理にやれば木が割れてしまうので、一本一本の小道具の首の形に合わせて一番太い所で収まるようにします。

(←)すべて収めた状態

柄の延長に刃が来るように真っすぐにしないといけませんが、若干、刃裏を内に傾けた方が自分としては使いやすい感じがします。

(←)あとは小鉋、豆鉋を使って自分の手に合った使いやすい形に一本一本仕上げていきます。

(←)そして鉋で形を整えた後、ヤスリを掛けて仕上がりです。

これから長い付き合いとなります。

道具は「研ぐ」、「使う」の繰り返しです。同じ寸法の道具でも研ぎで刃の形状を変えることもありますし、「堅いケヤキ」と「軟かいヒノキ」というように彫る木の種類によっては刃の角度を変えなければならない時もあります。

 

そして頻繁に使うものは自然と減っていくものです。同じ寸法の彫刻刀を何回か仕込み直すこともあれば、弟子自分に仕込んだものを一生使うこともあります。

 

仕込みたての新しい道具より、使い込んで色が付き、手に馴染み、研ぎ減ったものの方が使いやすいものです。

 

また鍛冶屋さんによって、一番切れるところを真ん中より後ろのあたりにされているところもあります。そういったことからいくと、使い手にとって研ぎ減り小さったところが使いやすく、刃物としても一番良いところでもあるようです。